両谷園日記 お茶 入りましたよ。

日常茶飯事 ほっとする話題をお届けします。

色川行商隊 その弐

 今週の日曜日は勝浦の子供たちが楽しみにしている「南の国の雪まつり」が開催されました。 長野県白馬村から遥々やってきた純白の雪!地元自慢の和菓子屋、寿司屋、農家、地元婦人会などが露店を広げる那智勝浦町の楽しいお祭りです。色川行商隊も賑やかしに出店。   

 

  

f:id:ryokokuen:20190217102018j:plain

たたらん

 色々なご当地キャラクターが祭りには出没しますが、たたらん、ダントツのインパクトです。 この姿、生地の感じ、名前。 そしてよくしゃべるのです。たたらん。   たたらんに逢いたい、声が聞きたいという人は、両谷園の打ち上げで毎年お世話になっている円満地公園 桜祭り 3/31開催 にお越しください。きっと出没してくれることでしょう。

 

 雪まつりではたくさんの人が「ここお茶買ってるで~」と話しかけてくださり、中には財布の中に、「このお茶美味しかったから、また買おうと思って」と上ほうじ茶の裏の一括表示(賞味期限とか、生産地とかがかいてるシール)を切り取って入れてる方もいらっしゃいました。地元に支えられての両谷園だということが思える一日でした。